ラベルの基本形状

多数存在するシールの形状ですが、基本的な形についてだけご紹介いたします。

どんな形で作ればいいのか悩んでいらっしゃる御客様の手助けが少しでも出来れば、当通販としても幸いです。

四角形

直線のみで構成された四角形は、癖のない形である為に万能であり、制作形状へのこだわりが無いと言う方にも推奨しています。

また、真面目な掲示内容の印刷にも適しており、業務用途で激安で製作されるラベルに多数採用されています。

丸型

真円や楕円型は、物販品の装飾用途でのご利用も多く見受けられます。

また、シンボルマークを入れたりする際にも余計な余白の出来ない丸型は最適です。

ちなみに角部分が無い為に剥がれ難く、簡単に取り除かれてしまっては困るラベルに採用されやすい傾向がうかがえます。

角丸型

縦横をハッキリとさせつつも、四角型の様に硬すぎないイメージを与えてくれるのは角丸型です。

柔らかな印象を与える文字入り広告等をラベルにて格安で作成される際にはこちらの角丸型をご検討くださいませ。

三角形

道路標識の注意喚起等でも活用される三角形は、安定感の無い形である為に非常に目を引きやすくなっています。

三角の形に合わせてデザインしようと思うと難しく、実際にはマーク一つが中央に配される構成が多く、形の注目効果を重視している事が多い様です。

縁取り

イラストや写真を縁取ったラベルは、完全オリジナル形状ながらも定番。

カッティングシールの様に、デザインプリントされた部分以外の場所は抜けている為に非常に貼り付けを行った際の見た目が美しく、ノベルティや販売品としてクオリティが求められるようなシーン向けにラベルをオーダーするならば是非ご一考されてみてみる事を推奨いたします。