ラベルの役割について

加工品ラベルの役割

【製作者と消費者を繋げるコミュニケーションツール】

農作物などに貼られる格安オリジナル印刷の特注加工品ラベルは、実際に商品が店舗に並んだ際にお客様とのコミュニケーションを図るツールとしての役割があります。

飲食物であれば、開封するまで味は分かりません。どんなに美味しい品物でも、顧客の想像力を掻き立てるラベルのプリントパッケージ無しにヒットは不可能なのです。

商品の魅力や制作者の思いを雄弁に語り伝えるツールとして、オーダーラベルは営業の役目も担っています。

スーパーの食品売り場でぱっと人目を引き付けるオリジナル作成の激安パッケージは、隣に並ぶライバル商品に一歩差をつけ、顧客獲得の販売チャンスを増やしてくれるでしょう。

【食の安全を保証する印】

最近では陳列商品に貼付されるオーダーラベルに、生産者のイラストや写真が作成されることも珍しくありません。

写真ラベルを貼ることで、生産者の商品に対する品質向上意識と責任感はいっそう高まり、よりよい物を製作し続ける環境が整います。また、商品を生み出している人間の顔を知ることで消費者の安心感・信用度も増し、「またこの人が作った商品を買おう」というリピート率増加と同じ作成者の販売する他商品への売上波及が期待できるのです。

環境ラベルの役割

エコや節電ブームの中、家電を中心としたあらゆる商品に環境ラベルが貼付されているのをご存知でしたか?

境ラベルは自然に優しく環境保全を行うために、正しい情報を記載し制作品を差別化することでエコに配慮されたサービスの需要拡大と供給をいっそう促進させる役目があります。そうすることで、一場から環境に負担をかける製品が淘汰され、エコシステムの構築が社会全体に浸透していきます。