オリジナルラベルの用語集

■オフセット印刷
版から中間転写体に一度印刷され、それから紙に印刷される方法です。非常に鮮明な印刷ができ、版が直接紙に触れないので銅の磨耗が少なく、大量印刷にも適しています。
■シルクスクリーン印刷
現在、最もポピュラーな印刷方法のひとつで、元々は版材に絹が使われていたことからこの名前がつきました。デザインを切り抜いた紙やフィルムに薄絹のスクリーンを貼り合わせ、インクの通る部分と通らない部分を作って直接インクを乗せていく技法です。一色につき1枚版を製作する関係上、色数の少ないデザインなどに適しています。
■アミ版
シルクスクリーン印刷などで、色の濃淡をつけたりグラデーションをつける場合に用いられる特殊な版です。
■裏スリット
ラベルの裏側の剥離紙に切れ目を入れて、ラベル自体を剥がれやすくする加工のことを言います。背割りなどと呼ばれることもあります。
■カット紙
その名の通り、小判に断裁された紙の総称のことを言います。
■カーボン紙
複写をする際に書類の間に挟む、感圧紙のことを言います。
■塩化ビニル
一般的な合成樹脂のひとつでラベルなどの素材によく利用されています。耐久性・耐アルカリ性・耐酸性・耐溶剤性に優れ、また燃え難く、電気も通しにくい性質のため、ラベル以外にも様々な用途に使用されています。
■アール
ラベルの角や端の辺に丸みをつけることをアール、またはアールカットと言います。
■ハーフカット
打ち抜き加工において、ラベルの粘着剤と表面基材だけを打ち抜くことを言います。
■全抜き
ハーフカットに対して、ラベルの粘着紙とセパレーターの両方を打ち抜くことを全抜きと言います。
■DICカラー
DICカラーガイドの事になります。DICグラフィックス株式会社から発刊されているか色見本帳の事で、フラベル製作の際、こちらのカラーナンバーで色の指定をお願いしております。
■アウトライン化
PCに入っていない文字データがある場合に文字データを線画に変換することによって同じ文字の形で見ることができます。
■画像解析度
写真やイラストなどの綺麗さ、細かさを表現する場合に「解像度」が高い、低いと言います。dpiと言ういい方もされ、入稿の際に写真などがある場合は、ある程度の解像度が無いとモザイクの様になってしまう場合もございます。
■Illustrator
アドビシステムズが販売している、イメージ編集ソフトウェアです。イラスト制作や図面などを創作する画面ツールであり、ラベルのデザイン作成には、こちらのAI、EPSデータでのご入稿を推奨しております。
■CMYK
シアン、マゼンダ、イエローからなる、印刷の三大原色を表す、CMYと、ブラックを意味するKで表記されるカラー形式です。ブラックがBではないのは、ブルーとの混同を避ける為だと言われています。
■ラミネート加工
ラミネート加工を施せば、ラベルを鮮やかに見せることができるうえ、耐久性が上がり傷や汚れから守ることができます。